【AmongUs】勝ち方のコツ!インポスターとクルーの立ち回り解説

ゲーム関連

アモングアスは楽しんでますか?

せっかくインポスターに抜擢されてもすぐつられて中々勝てなかったり、クルーになったらすぐ殺されたりしていませんか?

動画を沢山見て勉強したので、今回はインポスターとクルー別に
勝てる立ち回り解説をしていきたいと思います。

もちろん状況やメンバーによっても勝利は左右されますが、とりあえず
これだけ押さえておきましょう!という基本的なことについて記載しています。

この記事はこんな人におすすめ

・AmongUs初心者
・最近始めたけど中々勝てない
・勝って気持ちいプレイがしたい

インポスターの立ち回りのコツ

序盤は極力キルを控えよう

  

序盤は集団行動が多いため、よっぽどのチャンスで無い限り様子見しながらキルを耐えましょう。

初心者は焦って始まってすぐキルしてしまいがち。
そして序盤は人がかたまって行動しやすいので見つかりやすいです。

序盤はある程度人と一緒に行動しておいて、アリバイを作っておきましょう。
そして、メンバーがある程度ばらけたなと思った時を見計らってキルを取ります。一度O2などのサボタージュを起こすとばらけやすいです。

ベントを有効に使用する

 

ベントは積極的に利用していきましょう。
とくにキルをとった後にすぐ逃げ込むのは有効です。

The Skeld(スケルド)

Amongus日本語マップ

マップが狭いため、ベント芸がかなり見つかりやすいです。
特に6人対インポスター1だとベントから出てきたときに見つかりやすいので、出てくるときは注意が必要です。

個人的にはここではあまりベントに入りません…。監視カメラで監視もされやすいので。

Polus(ポーラス)& MIRA HQ(ミラ)

Amongus日本語マップ

かなり広いマップのため、ベントが超強いです。
広さがあるので言い訳もいくらでもできます。積極的に利用しましょう。

ベントから出てきてすぐキル→またベントに入るというテクニックができるのもこのマップの特徴です。

 

サボタージュを有効利用する

サボタージュはインポスターの要です。
ぜひ使いこなして積極的に利用していきましょう。

とくにクルーを二手に分断させるタイプのサボタージュがおすすめです。

サボタージュを止めた直後にキルをとると、サボタージュを止めに来る人もいないので死体発見を遅らせることができます。

個人的には停電では一か所に人を集めてしまうため、暗闇で闇討ちするとき以外は分断出来る原子炉やO2の方がおすすめです。

会議の時

嘘をつくことが苦手という方は、あまり率先してしゃべらない方が得策です。嘘を重ねると矛盾が生じてぼろが出てしまいます。

ただ、黙っていては疑われるので、聞かれたら最終どこを通ってどこにいたかなどは考えて答えられるようにしましょう。

人が少なそう、通ってなさそうなところを選んでそこに居たと答えるのがベストです。

クルーメイトの立ち回りのコツ

単独行動をなるべく避ける

 

一人行動が一番狩られやすいです。
あと、単独行動が多いとアリバイも証言しにくく、会議の時につられやすくなってしまいます。

おすすめは序盤は3人くらいで固まって行動することです。
どうしてもタスクの関係でそのうちバラけてしまいますが、のちのちアリバイ証言の材料にもなります。

緊急タスクや停電などのサボタージュを積極的に解除しに行く

たまに緊急を放置するひとがいますが、緊急は積極的に解除しにいきましょう。
自分はクルーであるということの証明や、人目に触れておくことでアリバイ作りにも繋がります。

緊急会議ボタンを積極的に押す

ゲーム中に1度は緊急会議ボタンを押すことが出来ます。
メンバーに何か少しでも疑問点があれば、積極的に押しにいきましょう。

人数が少なくなる終盤にまで会議ボタンをとっておくという戦法もありますが…
初心者クルーはなんせキルターゲットになりやすいので、メンバーに怪しい動きがあればすぐ通報して情報共有おきましょう。

まとめ

インポスター

・序盤はキルを控えよう
・ベントを有効に使用する
・サボタージュを有効利用する

クルーメイト

・単独行動をなるべく避ける
・緊急タスクや停電などのサボタージュを積極的に解除しに行く
・緊急会議ボタンを積極的に押す

どちらに属しても、まずは焦らずに自分のタスクをしっかりこなすことが重要になってきます。

このことをしっかりと念頭に置いて、
しっかりと勝利条件を満たしてチームを勝ちに導きましょう!

プレイの参考になるような上手いプレイング動画に関しては、下記記事にてまとめています。ぜひ参考にしてください。

among usをプレイするゲーム実況者おすすめBEST3!

コメント

タイトルとURLをコピーしました